ページトップへ

4.3倍ツーバイ工法

4.3倍ツーバイ工法

巨大地震が立証した本物の強さ。国交省大臣認定の新工法。

創業から1 0 年ほどは、従来の木造軸組工法で家を建てていましたが……

1989年、アメリカ視察先で2×4工法の強さに感銘を受け即座に試験導入をスタート。

日本伝統の家造りは柱や梁で支える軸組工法ですが、海外での主流は「面」で支える2×4工法。地震に強い工法にもかかわらず、このころ日本でのシェアは5%ほどに過ぎませんでした。

専門技術者たちをアメリカから招聘。

本物の技術を学ぶには、優れた指導役が必要。そう考えて、現地から2×4工法の専門家を招き、長期にわたる実地研修を行いました。

お客様の家を作る前に自社社屋で強さを確認。

ツーバイ工法の強さを実感し、自信を持ってご提供するために、まず自社社屋を建設。この経験により技術力も大きく向上しました。

1995年1月、阪神・淡路大震災の教訓
40万棟に甚大な被害発生。しかし2×4住宅は、96.8%が生活に支障なし。

全壊10.1万棟、半壊・一部損壊28.9万棟以上。大惨事を引き起こした阪神・淡路大震災ですが、2×4住宅では全壊・半壊はゼロ。2011年の東日本大震災でも津波による被害を除けば98%が当面の暮らしに支障がないという結果が出ています。

1998年、震災後の需要急増に応え自社パネル工場を建設。

急増するニーズに対応し、責任持って施工できる体制を整えるため、稲沢市にパネル工場を建設。独自の構造材や、パネル自体の開発にも積極的に取り組むようになりました。

絶対に壊れない躯体をつくりたい。この強い思いが新技術を生みました

2008年、独自開発により「4.3倍ツーバイ工法」が誕生。耐震性能を40%高めました。

壁の強さは「壁量」で表されますが、この新工法では、従来の「壁量3.0倍」から、「壁量4.3倍」にすることで1.4倍以上の耐力アップを実現しました。また高品質ステンレス釘の採用や、釘ピッチを狭めた仕様など、様々な工夫により耐震性能を向上させています。

耐震性はもう当たり前。さらに東新住建は、生態系を守る家づくりへ――

2013年、国産材を使った新しいパネルを開発。日本の森を守る家づくり。

木の家はCO2を吸収し、温暖化を防いでくれる「都市の森」です。私たちはそこに国産材を用いることで、日本の林業活性化を支援し、生態系を蘇らせたいと考えています。家づくりを、より幸せな未来づくりへつなげたい。これは私たちの変わらない目標です。

絶対に壊れない躯体をつくりたい。この強い思いが新技術を生みました

強さと高耐久性が自慢の2×4工法。

在来(軸組)工法は、全体にかかる外力を柱や筋交だけで支えるため、加えられた力が接合部に集中し、1本の部材にかかる負担が大きく、ゆがみや捻れが生じ易くなります。ツーバイフォー工法は、衝撃を壁・天井・床の6面全体で受け止めバランス良く吸収するため、水平・垂直、両方向からの力に優れた強さを発揮します。また、使用する部材や接合金物、釘の本数まで規格化されているため、家の大きさに関わらず安定した耐震性が確保できます。

日本でも広がる木造住宅のスタンダード。

「2×4(ツーバイフォー)工法」は厳しい自然環境の北米地域で発達し、ほとんどの戸建住宅に採用されている工法です。今や全世界で年間200~250万戸が供給されていると推定されています。日本国内でも昭和49年に技術基準がオープン化され、広がり続けています。